<< ダイエット番外編 香港の衛生当局、寄生虫ダイエットに警告 | main | ダイエット番外編 「世界一太った男」、マヌエル・ウリベさん大幅に減量・・・[動画] >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.10.03 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  •                                 

ダイエット番外編 2008年ミス・アメリカ優勝者「ハグランド」さん、拒食症克服体験を語る。

 「2008年ミス・アメリカ・コンテスト」でミスの栄冠に輝いたミシガン州代表のキルスティン・ハグランド(Kirsten Haglund)さん(19)が27日、ワシントンD.C.のナショナル・プレス・クラブで記者会見を行った。神経性食欲不振症をどのように克服したかを述べ、摂食障害に対する認識を広めたいと語った。

 神経性食欲不振症(拒食症)とは、主に10から20代の若い女性に発症する、痩せることを強く望み、強いやせ願望や肥満恐怖に基く意図的なダイエットのために、ガリガリに痩せてしまった状態を神経性食欲不振症と言います。拒食症の正式名称は神経性無食欲症です。拒食症(きょしょくしょう)とは、精神疾患のうち摂食障害の一種です。

 拒食症の症状 他者から見れば非常に痩せているにもかかわらず、痩せを認めようとせず、太ることに強い恐怖心を抱いています。体重を測っても、鏡で体を見ても、痩せていることが認識されません。独自の体重・体型評価基準をもっており、体重が減るほど、自己評価が高まります。他者のいない所で発作的に過食することがあると言われています。過食後は激しく後悔し、下剤を使ったり、吐いたりします。

 最も特徴的なのは、本人に病気の意識がないことです。やせを治されたくないので、やせていることを認めず、周囲のアドバイスを聞き入れません。自分から医療機関を受診することはありません。

「神経性食欲不振症(拒食症)」


重要:上記拒食症の症状にあてはまる方が御家族にいる場合
 患者さんが受診したがらず、起き上がれないくらい衰弱して、初めて病院に電話される御家族があります。家族が本人よりこの病気を理解することは、本人の回復に良い効果をもたらすだけでなく、家族自身が楽に患者さんに対応できるようになります。
早期発見し、早めに受診の予約を取ること、体重が35kgを切る前に受診させることです。



JUGEMテーマ:健康



  • 2008.08.23 Saturday
  • ダイエットニュース
  • 20:57
  • -
  • -
  • -
  •                                 

スポンサーサイト


  • 2010.10.03 Sunday
  • -
  • 20:57
  • -
  • -
  • -
  •                                 


★Book/理想のレディーになる為に!
ダイエット無料レポート紹介
★Xam文庫カテゴリのファッション・美容をクリック!有益なダイエット情報をGETしましょう・・・無料です

selected entries
                
categories
美容・ダイエット情報
ランキングで有力情報をGET
ダイエットランキング にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット方法へ
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

Linkmost
SEOパーツ
  • seo
links
profile
others
mobile
qrcode
                
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」